店舗視察のコツ~お菓子店事例

今日は店舗視察の仕方をお話ししましょう。
ハワイのスイーツ・チェーン店、ホノルルクッキーカンパニーを事例にしました。
まずは、下記のように見るポイントを決めておきます。
だいたいこんなものが得られるのではないか、という予測をします。

  • オーケストレーション
  • キャッピング
  • シンメトリー
  • VMD分類
  • 什器レイアウト

上記のフレームワークを念頭に入れて、各店舗のVMDガイドラインを探求します。
同社がどのような規則でチェーン店のVMDを規制しているのか研究してみるわけです。
だから少なくとも3店舗以上は見学しなければいけません。

店舗視察した店は、ホノルル空港店、ビーチウオーク店、ロイヤルハワイアン店の3つ。
気付いた順に、VMDの違いと統一点を語っていきます。

まずはフロアレイアウト。フロアの取り方は、すべて開口部の幅1に対して奥行きは2の長方形。
3店ともカウンターは突き当り奥にあり、VPは入口にありました。
左右の壁面に売場を設け、フロアの中心にテーブルを置き、その周りを歩く「アイランド回遊型」になっていました。

壁面は、ベストセラー商品と季節ギフト商品売場に大別されていました。
見学した季節はクリスマスだったので、季節ギフト売場は赤いパッケージが目立ちました。
対面の壁はベストセラー売場で、ここは緑の常用パッケージで構成されていました。
ご存知の通り、同店の商品は9つのフレーバーのクッキーのみです。
なので、店はカートンの入り数とパッケージデザインで差別化するしかないのです。
不思議なのは、緑の商品売場に人が集中している点でした。
クリスマスパッケージの赤い売場に客が少ないのはどういうわけでしょう。

二つの売場の、パッケージ以外の違いは什器デザインでした。
ベストセラー商品売場の什器はガラス棚で背景が白いです。
棚はキャッピングしています。
最上段はPPでパインアップルのオブジェがありました。

一方、季節ギフト商品売場の什器は木製で棚の厚さが35mmありました。
キャッピングはなしで最上段のPPは商品のみです。
結論から言うと、季節ギフト商品売場が高級に見え、ベストセラー型商品売場はカジュアルに見える点が大きく違いました。
当然、客は高そうに見える売場は敬遠し、安く人気のありそうな売場に集中します。

入り数、パッケージ代はすべて同じなので、斬新な季節デザインの赤い箱に手を伸ばした方がトクなはずですが、客はカジュアルな雰囲気の売場が好きなようです。

アイランドはどうかというと、ここもベストセラー商品と季節ギフト商品売場に大別されていました。
こちらは、どちらのアイランドも集まる客数は同じですが、ディスプレイ構成が店によって違い、IP・PPテーブルとIPテーブルの2種類がありました。
木製ライザーをテーブル中央に配置して段差を作っている点は同じですが、ライザー上をPPにするかIPにするかは決められていませんでした。

店内売場の商品くくりは垂直で、リピート型かシンメトリー型の二つを採用しています。
シンメトリー型はテーブル売場に多く、リピート型は壁面に多いです。
いずれも商品を立ててフェイスアウトしており、パッケージデザインがよく見え、佇まいは美しいです。

壁面オーケストレーションはその上、PPが最上段にセットされているので、佇まいはさらに美しく、店頭を歩いている人を店内にキャッチしていました。
そのため、店頭はガラス囲いでシースルーにしており、ウインドウがあっても、店内を隠さないように展示物を低く抑えていました。
ロクシタンのようにタペストリーを背後に吊るしたりしていないのです。

以上のことから本部指示書の有無を推察すると、詳しい棚割りの指示書は出ていないようです。
●定番と季節ギフト商品のゾーニング ●くくりのパターン を1~3タイプ明示しているくらいの指示書と判断しました。
PPのオブジェは店によって違うので、PPも明確な指示は出ていません。
オーケストレーション、テーブルプレゼンテーション、キャッピング、くくり、フェイシングは各店で統一しているので、これらの基本ガイドラインは存在しているようです。
ディズニーランドのように、現場スタッフに対して上記5つの研修をやっていることは間違いないでしょう。

(VMDコンサルタント 深沢泰秀)

初心者向きVMD教育は四角四面で行く

VMD初心者に売場づくりを教える時、VMDインストラクターはどのような心がけが必要か、お話します。
ズバリ言うとそれは、四角四面に教えるということです。
この熟語、世間ではあんまりいい意味では使わないんですが、私が初心者に教える場合に心がけていることなんです。

セミナーのようなOFFJTにしろ、現場指導のOJTにしろ、店頭スタッフや本部の新米VMD担当にVMDを教えるときは、まずは基本を教えますよね。
その基本をあやふやに教えると、VMD初心者は理解がほど遠くなるので注意が必要です。

例えば、PP,IPという言葉があり、下記のような原則を教えるとします。

  1. PPはIPを代表するディスプレイ。
  2. PPは展示で、IPは陳列である。
  3. PPはIPの近くに置く。
  4. PPはテーマが必要である。

ここで言う原則とは守らなければならないルール。
初心者は原則を覚えることにより、売場づくりの基本を知ります。
だからVMDインストラクターは、最初のころは、この原則に忠実に売場づくりをするように指導します。

だから、

スタッフ「PPの棚の横のスペースが開いているから、ここにIPを設けていいですか」
vmd-i「仕方ないわね。いいわよ」
などと言わないでください。

また
スタッフ「PPにボリュームをつけたいから、IPにないけど新商品を加えていいですか」
vmd-i「仕方ないわね。いいわよ」
などと言わないでください。

これはもう、「ダメです。原則と違います」と言ってください。

このように、最初は原則で売場づくりを縛っていきますが、初心者から中級者になるにつれ、例外もあるということを徐々に教えます。

例外というものは、売場づくりを臨機応変に行う術が身に着くにつれて知るもの。
初心者のうちは原則も身についてないので、応用はできません。
だから、VMDインストラクターはまずは原則をしつこいくらいに言うしかないのです。

さて、上記に
3.PPはIPの近くに置く。
とありますが、スタッフはどのくらいが「近く」なのか、知りたがります。
その場合は、細かく規則を決めます。

・PPはIPの直上。

次に直上の定義を言います。

・スパン(什器のこと)のすぐ上が一番よく、最低MDカセットの上。

カセットというのはアパレルによくある単位で、1~5スパンの間で1つのMDグループが形成されています。
つまり、5スパンあって右から3スパン目にPPが作られているとしても、原則の範囲に入るのでPPに使っているIPはどこにあってもOKということになります。

このように、原則はあやふやでなく、しっかりと定義として打ち立てることが大事です。

そういうわけで、私がクライアントのOJTにVMDインストラクターを派遣するとき、「指導は四角四面にやってください」と念を押しています。
基本に対していきなり例外をつくってしまうと、スタッフはわけがわからなくなるからです。

売場塾のフレームワークはご存知の通り55あり、科目→課題→課目→細則の順に定義は細かくなっていきます。
フレームワークはPOP・サイン科目のようなところは、細則を定義しています。
PPとIPの位置における定義は課目として教科書に載っていますが、「PPとIPはどのくらいの距離に置いた方がいいのか」までの細則は書かれていません。
それはVMDインストラクターであるあなたが決めてください。(^^)
ガイドラインに書くとよいですよ。

●フレームワークメソッド

こんなに細則でがんじがらめになると、茶髪やソックスを取り締まる生活委員みたいで
いやだな~と思うかもしれませんが、仕方がありません。
最初は四角四面にやっていただくことによって、原則というものを守る癖を初心者に付けていただきます。

初心者はそのうちに、例外というものを知り、応用力を身に着けるようになっていくのです。
温かく教えてやってくださいね。

全国のVMDインストラクターの皆さん、初心者に対しては四角四面で行きましょう。
そのうちに、例外を教えてやって応用力やバリエーションを身につけさせましょう。

祝 令和

令和時代、明けましておめでとうございます。
新しい時代も快場で花を咲かせましょう。

今日のモーニングコーヒーテーブルは、令和を記念して「梅の花」
というテーマで作ってみました。
ディスプレイって楽しいですね。

VMDインストラクターの皆さん、快場の伝道師として
新時代もがんばりましょう~。(^^)

VMDインストラクター認定証が新元号に

今日は少し風変わりな告知です。
新時代の売場づくりの担い手になろう!
ということで、新元号にちなんで「期間限定認定証」を交付することにしました。
VMDインストラクター協会の事務局長である私が考えましたが、いかがでしょうか。(^^)

新元号発表まであと10日。
新しい時代の店舗や売場はどうなっていくのでしょうか。
新元号になって初めて認定されるVMDインストラクターに期待を込めて。
VMDインストラクターの認定証は西暦表示でしたが、改元を記念して、5月発行の認定証のみ新元号表示になります。

今ある売場を時代に沿った新しい売場にしていきましょう。
VMDインストラクターの皆さん、
新時代の売場をますます快場にしていきましょう!!

========================================
新元号印字の認定証交付は下記の期です
========================================
●第65期(5/6合否発表)
●第66期(4/6開講・5/30合否発表)

売場編集=リバイスという言葉を使おう


VMDを行っている人の話を聞くと、売場づくりには下記の3つの言葉が存在します。

  • 売場を制作する
  • 売場を施工する
  • 売場を編集する

また、VMDを行った事例をホームページなどに上げている人もいます。

  • 売場制作例
  • 売場施工例
  • 売場編集例(リバイス例)

3つ目はあまり聞かないと思いますが、当社のホームページにはありますよ。
〇リバイス

リバイスと言うのは、売場の再編集の意味で、revise(revice)と書きます。
これは英語です。
アメリカのビジュアルマーチャンダイザーが普通に使う言葉で、
revise store prototype schematics/product placement
(ゾーンを変えるとか、モノの位置を変える)
revise and present design ideas with assistant merchandisers and staff in stores
(空間デザインを考え直して、店舗スタッフとプレゼンテーションする)
などいろいろな場面で使われてるVMDの用語です。

この用語、日本ではリモデルというVMD用語ほどには浸透していませんが、VMDを営んでいる方はぜひこの言葉を使ってほしいです。

では、●売場を制作する ●売場を施工する ●売場を編集する
こり3つの言葉の意味をひも解いてみましょう。

●売場制作
制作と言う言葉は、クリエイティブな要素が多いです。
SP会社や広告代理店、またはディスプレイスタジオなどが使う言葉で、什器デザイン、POPデザイン、オブジェなどの造作物を伴う場合が多いです。
デザイナーやプランナーが絡んでいるケースに使う言葉です。
ちなみに、これが製作となると、メーカー的・工場的な要素が入るので、什器製作会社、パーツ製作会社などが、什器等売場の構成物ひとつひとつに使う言葉となります。

●売場施工
施工とは、施工会社、マネキンメーカー、建築会社がよく使う言葉で、店舗の床・壁・天井・什器・照明といった大道具を、設計図に基づいて作り上げることを言います。
店という空間、つまりハコをつくる仕事です。
ハコを施工することは店舗施工、平場やコーナーを施工することは売場施工といいます。

●売場編集
編集という言葉は、出版社が使う言葉です。新聞や実施など、タイトル・大見出し・小見出し・リーダー、本文・挿絵など平面デザインを構成するときに使う言葉です。
実は、私たちみたいなVMDインストラクターが行う通常業務こそ、売場編集という言葉がぴったり来ます。
売場づくりは、どんな店でも編集によって、毎季・毎月・毎週・毎日変化させなければいけないです。
アパレル、ドラッグストア、スーパーは52週ごとに売場をつくり替えます。
雑貨店は1か月ごとに柱周り、エンド、テーブルなどのメイン売場をつくり替えます。
これを売場を制作するとか、売場を施工するとかあまり言いません。
売場を編集する、という言葉がぴったり当てはまります。
その時に最適なテーマ、トレンド、見せ方で売場を編集しお客様を魅了、商品買上率を高めています。

それでは売場の編集とは具体的に何か解説しましょう。

●売場のレイアウトを変える
雑誌や新聞は段組というのがあります。
その段組に合わせて、記事やコラム、挿絵などをレイアウトしていきます。
同じように、売場は什器レイアウトというのが存在します。
時期ごとに什器の種類を決め、什器を配置して売場の位置やサイズ、導線を変えていくのです。

●売場のテーマを変える
新聞・雑誌の記事が変わるように売場のMDテーマは変わります。
時期ごとにテーマに合わせて商品を入れ替える、加える、混ぜるまどして売場を変えていきます。

●売場のタイトルを変える
新聞・雑誌には大見出し、小見出し、リーダー、本文があります。
同じように売場の大見出し・小見出しを変えていきます。
それはサインだったり、POPだったりします。
雑誌のリーダーに当たるのはブランド説明POPだったり、セールやフェアの告知POPだったりします。
本文に相当するのは、もちろん商品陳列です。

●売場のディスプレイを変える
編集では、新聞・雑誌にアイキャッチとなる写真を挿入したり、イラストやチャートを入れたりします。
同じように、売場にVPやPPを設置することによって来店客のアイキャッチにします。
またIPもディスプレイの構成要素ですのでVP,PPに従って帰ることもあります。
先述のrevise product placementとは、売場の棚割りを変えることをいいます。

いかがでしょうか。
Revise、売場を編集する、とはこのようなことです。
売場塾ではこの「売場の編集」ができることをマストとしてVMDインストラクターを育成しています。
もちろん、売場を制作・施工するのもいいのですが、編集はコストをかけずに売場を変えたり改善できるところが重宝されているのです。

もちろん制作・施工もVMDの仕事のうちなのですが、その場合、設計図やデザインが書けたり、プランニングできたりというスキルが必要になります。
売場の編集は誰でもすぐにできるVMDの基本中の基本のノウハウなのです。
VMD担当者の皆さん、ぜひ売場編集(リバイス)を現場スタッフをはじめとする売場関係者に教えて、いつお客様が来ても新鮮な売場をキープしてくださいね。

土産店VMDはホノルルクッキーカンパニーに学ぼう


先月、売場塾は第10回アメリカVMD視察ツアーに行きました。
行先はハワイのアラモアナです。

あなたがお土産店のVMD担当だったら、一度ハワイに行くといいと思います。
気軽に行けるし、社員旅行としても適しています。
ハワイは日本と同じようにアジア人がお金を落としている島なので、外国人旅行客向けにどのようにお土産店のVMDを推進しているか、先進国アメリカで目の当たりにすることができます。

お勧めのお店はズバリ、ホノルルクッキーカンパニーです。

●ホノルルクッキーカンパニー

このお店、商品アイテムはただ一つのクッキーだけなんです。
これ一つで、ハワイの絶対的なお菓子として長年君臨しています。
日本人の土産の定番でもあります。
バター生地がフレッシュでサクッとした触感チョコやナッツなど、12のフレーバーが楽しめます。

さて、ホノルルクッキーカンパニーにおいて、日本のお土産店が学ぶべきVMDは以下のポイントです。

■日本のお土産店が学べきVMDのポイント

  1. フェイシング
  2. ハーモニゼーション
  3. オーケストレーション

この3つです。
この3つをマスターすれば、貴方のお土産店は劇的に変わるでしょう。
というか、私がリバイス(改善)した日本のお土産店はほとんどこの3つのポイントを押さえています。

1.フェイシング
日本の土産店における箱モノ菓子の置き方はほとんど平置きです。
東京バナナも、白い恋人も、聖護院生八つ橋も平置きに箱を積んでいます。
ホノルルクッキーはほとんどの箱をフェイスアウトしています。
フェイスアウトとは、箱を垂直に立てることです。

垂直に立てると、どうなるか?
パッケージデザインがよくわかり、商品ロゴがよく見えるという利点があります。
平置きだとこれらは見えません。
見えるのはお客様がやっと棚の前に来た時だけです。
つまり、平置きだとほとんどの土産店は物置き状態と化しています。
平置きをフェイスアウトすることによって、遠くのお客様を惹きつけます。、

2.ハーモニゼーション
これは陳列自体をデザインすることです。
1つの棚に商品を置く際にリズムをつけて置くやり方です。
日本のお土産店の陳列はリズム感を感じないでしょう。
それはただフツーに置いているからです。

写真を見てください。
箱をシンメトリーに置いているのがわかるでしょう。
これがリズミカルな置き方、ハーモニゼーションです。

他に、

  • リピート陳列
  • ウエーブ陳列
  • タイト陳列

というハーモニゼーションの手法があります。

3.オーケストレーション
オーケストレーションとは壁面全体のディスプレイのことです。
2のハーモニゼーションを壁面全体にちりばめる手法で
商品分類(くくり)とハーモニゼーションをミックスする、ダイナミックなディスプレイ形態です。
コツは棚を幾何学的に組むこと(キャッピング)、展示と陳列でメリハリをつけることです。
くくりとハーモゼーションを半年訓練すれば、オーケストレーション、なんなくできますので、やってみてください。

売場塾のディスプレイ指導講座では、これらの指導のやり方を理論的に教えています。

●ディスプレイ指導講座

いかがでしょうか。
日本の場合は、ただ箱を平置きに積むだけなので、オーケストレーションに程遠いです。
ぜひホノルルクッキーのように、音楽を奏でられる壁面を作ってください。
もちろん、壁面だけでなくテーブルにも応用できます。

最後に肝心なことをお教えします。
それはパッケージデザインです。
ホノルルクッキーカンパニーがどうしてこんなにきれいなディスプレイをつくれるかというと、パッケージデザインが統一されているからなんです。

残念ながら日本のお土産店は、いろいろなメーカーの商品を小量のみ仕入れて売場を形成しています。
つまりメーカーごとののFKUが少なすぎるんです。
総合お土産店では東京バナナや聖護院八ツ橋でも1スパンか2スパンがせいぜいでしょう。
ということは、5、6スパンの壁面展開でもさまざまなパッケージデザインが混在するため、このような統一したオーケストレーションはできにくいのです。

例えば、MUJIはできていますよね。
それはパッケージデザインが統一されているからなんです。

それでは、MUJI以外はこんなことできないのか。
実はできるんです。
現に私がいろいろなショップブランドのお土産店でやっていますので。
パッケージデザインからコンサルする場合もありますし、ショップブランド化がある程度確立していて、商品施策も問屋やメーカーとタッグを組んでいるお店はできます。

来年はオリンピックです。
お土産店にVMDを取り入れるまたとない機会です。
インバウンド4,000万人時代を見すえて、外国人に「ニッポンのVMDは素晴らしい」といわしめましょう。(^^)

数字で見るVMD資格者数


あけましておめでとうございます。
売場塾第64期が来週土曜日から始まります。

売場塾は2006年春から続いており、今年で13年目となります。
のべ受講者数は803名となっており、このところ毎年100人以上が受講しています。
今回は、13年の軌跡であるVMDの資格者数を数字で説明いたします。
数字は本日現在の実数です。

●VMDインストラクターの資格者数は720名

去年末、VMDインストラクター合格者数が700名を越えました。
昨日第63期の合格者発表をしましたところ、12名が合格しましたので、合格者数のべ720名になりました。
日本の人気VMD資格になりましたが、最近は日本人だけでなく外国の方も受験して合格しています。
(もちろん日本語が堪能な方です、現在外国語の試験はしておりません)

(VMDインストラクター資格の特色)

売場づくりのノウハウであるVMD(ビジュアルマーチャンダイジング)を習得し、それを活用して売場づくりのアドバイス、企画立案、コンサルティングなどができる人です。
具体的には下記の3つを主軸としています。
・売場改善の仕方を伝授できる店舗診断ができます。
・スタッフ向けにVMDの研修・指導ができます。
・特定ブランドの売場づくりのガイドラインをつくることができます。
単なるVMDの知識を習得した・・・という資格でなく、さらにVMDを人に教えることができるという資格になっています。
それゆえ、インストラクターという言葉がついているのです。
なので、本部や店舗のVMD担当の方、またはそれになりたい方、VMDで起業したい方、仕事をしたい方にうってつけです。

(VMDインストラクター試験の特色)

店舗診断をベースにした試験です。ネット試験サイト内で売場や店舗の写真を見ていただき、売場のリバイス(売場を直すこと)ほとんどを記述式でコメントしていただきます。
的確に正しくアドバイスできた人ほど得点が高くなります。
売場づくりを理論的に正しい言葉で言える人、それがVMDインストラクターだからです。

なお、下記サイトでも資格の特徴をお話しています。
〇資格と特徴

●シニアVMDインストラクターの数は6名

一昨年、シニアVMDインストラクターという一級上の資格制度を設けました。
1級上ですが、実地を伴う資格なので、ハードルが高いです。
ですがプロ中のプロの資格としてめざす人が増えています。

(シニアVMDインストラクター資格の特色)

VMDプロとして、VMD業務をより的確に高度に遂行できる人材です。
企業内におかれましては、VMDマネジャーを目指すことができる人、あるいはマネージャーとしてスタッフを指導することができる人です。
フリーランスの方におかれましては、クライアントに対してVMDサービスを提案でき、その報酬を正当にいただき、サービスを発展拡張できる人です。
VMD業務をお金に換算するというのがこの資格の大きな特徴です。
VMD業務を遂行してクライアントからお金をいただくという時点でプロです。
確かに企業内VMD担当は社内からお金をもらっていませんが、特別社内資格としてVMD部署のマネージャーになったり、VMDスタッフを率いて自分のいる部署をVMD課やVMD部に昇格させる人もいます。
そういう意味では、社内プロですね。

(シニアVMDインストラクター試験の特色)

当試験は、ご自宅のパソコンやインターネットを使用して行うものになっています。
インターネットは、売場ドッと混むを使用します。
パソコンは、パワーポイント・エクセルがあれば大丈夫です。
試験は2部構成になっており、二つとも実戦を想定した内容になっています。
ひとつは店舗診断シートの作成、ひとつはディスプレイコンテスト審査コメントと評価です。
適宜VMD業務として需要の多いものをピックアップしています。

わかりましたでしょうか。
シニアVMDインストラクターになるまでの道のりは下記サイトでも説明しています。

〇資格取得の流れ

●商空間スタイリスト認定講師は4名

商空間スタイリスト認定講師は一昨年からできた認定制度です。
VMD講座を自分で開業したい方のためにできた制度です。
実際、フリーランスの方の売場塾受講は増えており、VMD講師になりたいという人は多くなっています。

売場塾メソッドを十二分に発揮させたオリジナル講座が自分で開けるというフランチャイズ学校スタイルを取っています。
なので、認定講師といえどもFCの権利がもらえる、というのがこの制度の特徴です。
FCの権利は開業マニュアルや講座に使う教材の集め方・作り方、授業の進行ノウハウなどが一気に得られます。

とくにテキストが魅力的で、3冊構成のディスプレイテクニック本になっています。
商空間スタイリスト自体は、ディスプレイに特化した資格なので、ディスプレイを作るテクニックが100以上習得することができる資格です。
この資格を授ける先生になる、ということです。

普通のVMDセミナーとどう違うかというと、これは個人個人から授業料をいただくというスタイルで、1講座も18名以内と限定されています。
ですので、1セミナーいくらでクライアントから請け負うスタイルではなくて、一人いくらで研修を請け負うスタイルです。

手っ取り早く言うと、現場向けのVMDライザップのようなものです。
昨年で90名の方が商空間スタイリストになりました。

(商空間スタイリスト認定講師になるには)

認定講師になるには、まずシニアVMDインストラクターにならないといけません。
その次に面談をして当社とFC契約を結びます。
それから始めて商空間スタイリスト講師養成講座を受けることかできます。

この講座のテキストはVMD学校運営のノウハウマニュアルのようなもので、とても貴重なものになっています。
他の講座と違い、半年に一度開講しています。

〇商空間スタイリスト講師養成講座

以上です。
VMDの資格についていろいろ聞きたい方は、ぜひ下記説明会にお越しください。
1時間みっちりお教えいたします。
1か月に10回くらいやっています。
無料ですのでお気軽にどうぞ。

〇売場塾& VMDインストラクター説明会

ハワイに見る行動心理学


年末はハワイに行ってきました。
いつものアラモアナSC見学です。

ハワイのショッピング環境、劇的に変わりました。
それは買い物袋のALL有料化です。

驚いたのは、どこでも買い物するとレジで「バッグは有料になりますが要りますか」と聞かれます。
百貨店でも、スーパーでも、コンビニでも。
15セントつまり15円なのですが、「うーんバッグは要らない」と自動的に言ってしまう自分がいました。

行動心理学によると、これをプロスペクト理論といい、損失を感じる取引にはすごくマイナス感を抱いてしまうそうです。
つまり損をした!という感覚に陥る場合はなるべく回避行動を取る、ということなんですね。
ハワイ、うまーくやっているなと思いました。
買い物袋の有料化は同州がアメリカで初めの州とのことです。

これは私がいつも利用している成城石井と比較できると思いました。
成城石井はレジで「袋に入れてよいですか」と言います。
この場合、「いらない」というと合計から2円引いてくれます。

ハワイと違うのは、日本では袋代はすでに無料という感覚があって、袋に入れてもらうからと言って、損失を感じないことです。
これがハワイに行くとくじかれてしまうというわけです。

「袋はいらない」と言っても、割り引くわけでもなく、0の状態、つまり今までの状態と変わらないわけですから、袋代を払って商品を買うという予算がかかることを考えると、自然と損失を考えてしまい、「いらない」という心理になるのでしょう。

これはいい考え方です。
これだと、ハワイのプラスチックごみは減少していくこと間違いなしでしょう。
いつもなら、最終日のホテルベッドの上は、ブランドの紙袋だらけになりましたが、今回はブルーミングデールズの袋ひとつだけでしたよ。(^^)

写真のJクルーのトートーのおかげで袋代払わずに買い物できました。
日本はプラスチックごみの一人当たりの排出量は世界2位なので、このハワイの習慣を早めに導入したらいいと思いました。

しかし、ABCストアみたいなところはレジが奥にあるので、ワインを買ってそのまま出てしまうと、なんか万引きしたみたいな感じですね。。。。
こういう対策はどうしているんでしょうね。

と、いうことで、今日で2018年は終わりです。
皆さん、ことしもオーバルリンクをご愛顧いただき、ありがとうございました。
1月の公開セミナーでまたお会いしましょう。(^^)

●1月の公開セミナー

VMDインストラクターは手直しと解説を同時に行う


リバイス(売場の再編集)の際に、VMDインストラクター自らが、受講者(店舗スタッフ)のつくったディスプレイを直す作業があります。
その時は、必ず解説を入れながら直すようにしてください。

VMDインストラクターはVMDの先生のなので、受講者の作ったディスプレイを手直しするのは当然ですが、黙々とやっていては意味がありません。
声に出して解説しながら手直しをするようにしてください。

これを方式に書くと下記になります。

受講者インスタ → 受講者発表 → VMDインストラクターの評価 → 手直し+解説

現場OJTでは、受講者は店舗スタッフが多いです。
店舗スタッフで、たとえ事前にVMD研修を受けている人でも、インストラクターは声を高々と上げて、解説しながら手直しをします。
「研修で知っているはず」ということはまったくありませんので、必ずそうしてください。

例えばVPでガーランドの巻き方がおかしかったら、下記のようにします。

「ガーランドが商品と商品に巻き付いていないので、少し中途半端になっています」

(ガーランドと展示商品を指さす)

「ガーランドは、商品と商品を巻き付けることにより、テーマの世界観を醸成させますので、このように商品と商品を巻き付けてください」

(ここで、ガーランドをテーブルから取って、商品と商品の間に巻き直す)

「巻き付けるとき、こんな風に商品を隠さないようにしてください。商品名のラベルが見えないとディスプレイの意味はないので、ガーランドを巻きつつも商品はしっかり見せます」

(ガーランドで商品ラベルを隠したり隠さなかったりという動作を加える)

「ほら、こんな感じになりました。以前よりも商品は見やすく、ガーランドも展示商品の左右前後に這わせることにより、テーマの情景が広がりました」

(ディスプレイ全体を指さして言う)

ここまで来て、このやり方って「なんかに似ているな」と思いませんか。
そう、キユーピー3分クッキングの先生の解説に似ているんです。

料理の先生は、下ごしらえから始まって、煮たり焼いたりするところを、作業を行いながら説明していますよね。
それと同じなんです。

料理の先生が何も解説せずに黙々と料理を作っていたら、生徒は何の足しにもなりません。
生徒は料理の作り方を知りたいんです。
同じように店舗スタッフは、ディスプレイのつくり方を知りたいんですね。

なので、VMDインストラクターが禁句なのは、
「私はここを直すから、あなたはあっちをやって」
では、まったく先生がいる意味がないんです。
VMDインストラクターは作業者ではありません。
スタッフに売場のつくり方を教えてナンボなんです。

全国のVMDインストラクターの皆さん、ぜひ下記の方式でVMDを現場に教えてくださいね。(^^)

受講者インスタ → 受講者発表 → VMDインストラクターの評価 → 手直し+解説

なお上記の仕方は、今度のVMDセミナーで体験できます。
●ディスプレイセミナー 9月26日(水)

実際に受講者のつくったディスプレイを私が解説しながら手直しします。
お気軽にお越しください。(^^)

VMD学習のために店内写真を撮ろう

何年か前のメルマガで、売場の写真は撮りづらい、と書きましたが、今はそんなことはなくなりました。
インスタグラムなどSNS全盛の時代、店内撮影に遠慮している人はいなくなりました。

ヨドバシカメラは、全面的に店内撮影OK。
茅場町にある、オサレな家具店、リグナも全面解禁になったそうです。

あの伊勢丹でさえも店内VPの写真撮影OKです。
各フロアのVPにはディスプレイの写真撮影OKのサインがあります。インスタグラムのアイコンがVP下の床にあって、「アートフレームは撮影OK」となっています。

あのヨドバシさんが撮影OKというのは驚きました。
当社は電気メーカーのクライアントが多いんですが、クライアントの売場をつくっても
ほとんど写真を撮れませんでした。
今は撮れるんですね~。

ストアコンパリゾンやフレームワーキングのために店舗視察をする場合、隠し撮りをすることはありますが、それは余裕がある場合。ほとんどスケッチやメモでした。
それはそれでいいのですが、ビジュアル・マーチャンダイジングの場合、ビジュアルに勝つ情報はありません。写真は撮れたら撮れたにこしたことはありません。

今までは、店舗やフロアをざっと回遊して、それから外に出て喫茶店などでメモ書きをしていたのですが、今そんな必要はなくなったかもしれません。
店内でパチリと写真を撮って終わり。情報の取得、とても早そうです。

とはいえ、写真撮影OKの理由は、SNSでお客様がわが店、わが商品を拡散してくれること。プライスカードや品揃えなど、販売や商品を競合店舗に撮られたら、やっぱりそこはいやな気がするでしょう。
ビジュアルマーチャンダイザーによる店舗視察は、売場自体の撮影なのでやっぱりそこはお客様ではなく、業者の隠し撮りの域を越えないことは確か。
相変わらず、撮影しにくいお店はスケッチ、メモの日々です。

ともあれ、スマホでカシャがOKとなった昨今、店内写真は撮りやすくなってきたことは確かです。
VMDの勉強をしている皆さん、写真を撮ったら必ず家で見直して、フレームワーキングしてくださいね。

●フレームワーキングの仕方

店舗視察の仕方